読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜ぼくのかわいいアスペ妻〜

アスペルガー妻との暮らしの中でのかわいい出来事をゆるーく書いていきます

シーン4:ミッション

妻には毎日たくさんのミッションがある。

 

 

 

朝ごはん🍚

 

 

これもミッションである。

 

 

朝起きてからの行動はきちんと決まっている。。

もちろん順番も時間も。

 

 

 

朝ごはんも🍚🍚

 

 

 

 

もちろん何を食べるか(毎日同じである。)も決まっている。。。

 

 

 

 

 

 

何があっても妻は納豆を1パック食べるので、もし冷蔵庫にないと大変。

 

大抵そんな”失敗”が起こらないようにいつもストックがある。

納豆がないから代わりに別のものを、という発想は一切ない。

 

 

 

 

 

 

だがたまーに買い忘れてしまうことがある。

納豆がないか、一緒に食べる卵がない。。。

 

 

 

 

大変なことである。

 

 

 

 

妻は言う。

”今日の朝ごはんは失敗だった”

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

”ミッション失敗”である。

 

 

シーン3 : 服

妻のパジャマはフリースです👚

 

普通のフリース

 

 

 

 

僕はたまにフリースの上から妻を "よしよし" してしまう。

 

 

腕とか

背中とか

 

 

 

 

妻はこれが耐えられない

 

フリースを身に付けるのはいいのだが

フリースがこすられたりこすれたりするのが耐えられないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

気をつけねば

 

 

シーン2 : エレベーター

妻とお出かけ🏃🏃

 

 

久しぶりのデパート🎁

最後にメンズフロアを一周見て

 

 

 

出よっか。

 

 

 

エレベーターへ。

 

目的地は1階🏃

 

 

 

 

 

さてここからが問題

 

今僕たちは5階にいる。

目的地は1階🏃

 

⬆️⬇️ のどれを押すか???

 

 

 

 

おいおいそりゃあ⬇️だろう。

1階に下がるんだから

 

 

当たり前じゃないか!

 

 

 

 

しかし

 

エレベーターというものは

いらない情報(妻曰く)を教えてくれる。

 

”そのエレベーターがが今どこにいるか”

 

だ。

 

 

 

 

2️⃣とエレベーターが2階で止まっている

 

 

 

 

 

 

妻が押したのは⬆️

 

 

 

 

 

まただ。

 

 

妻は2階にいるエレベーターをまず自分がいる5階に呼ぼうとするのだ。

 

 

 

 

 

ああ…

 

 

 

 

というわけで妻はエレベーターの⬆️⬇️を押す前にひたすら考える。

 

自宅マンションから出かけるときは簡単。

 

 

”家から出るときは⬇️を押す”

家に帰ってきたときはマンションの入り口エレベーターで⬆️を押す”

 

と覚えているので、

瞬く間にボタンを押せる。

 

 

 

瞬く間にエレベーターを呼べたときの顔は半端なく誇らしげである。

 

 

 

 

 

 

かわいい…

 

 

シーン1 : スーパー銭湯 その2

 ♨️

 

ゆっくり岩盤浴を楽しみ♨️

 

じゃあ12時ぴったりに受付でね〜

 

 

と最後のお風呂へ。

 

 

 

 

 

スマホ画面が23:58から23:59に

 

 

 

 

僕は知っている。

 

 

多分今妻はよしっとロッカーを閉めている

 

 

 

僕も急がないと!

 

 

24:01になってしまっては大変💦

 

 

 

 

 

 

24:00

やはりきっちりと00分に妻は出てきた

 

 

ミッション(妻の)成功!

 

こうなるので僕はだいたい早めに出る。

もし24:01になるなら待ち合わせは24:01ね〜と言わなくてはいけない

 

 

今日も楽しく二人でお風呂に入れました♨️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーン1 : スーパー銭湯

♨️

 

 ♨️

 

妻とスーパー銭湯に行く ♨︎

 

よく行く ♨︎

 

 

 

難関1:

 

 

 

 

 

 

入口のシューズロッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

117  いいな   ⭕️

122 大学の部屋  ⭕️

062 ムニムニ   🔺

025 ニコニコ   ⭕️

430 黄泉     ❌

 

 

 

 

 

 

気にいる数字に出会うまで大変時間がかかる。

 

 

 

 

 

かわいい…