読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜ぼくのかわいいアスペ妻〜

アスペルガー妻との暮らしの中でのかわいい出来事をゆるーく書いていきます

シーン2 : エレベーター

妻とお出かけ🏃🏃

 

 

久しぶりのデパート🎁

最後にメンズフロアを一周見て

 

 

 

出よっか。

 

 

 

エレベーターへ。

 

目的地は1階🏃

 

 

 

 

 

さてここからが問題

 

今僕たちは5階にいる。

目的地は1階🏃

 

⬆️⬇️ のどれを押すか???

 

 

 

 

おいおいそりゃあ⬇️だろう。

1階に下がるんだから

 

 

当たり前じゃないか!

 

 

 

 

しかし

 

エレベーターというものは

いらない情報(妻曰く)を教えてくれる。

 

”そのエレベーターがが今どこにいるか”

 

だ。

 

 

 

 

2️⃣とエレベーターが2階で止まっている

 

 

 

 

 

 

妻が押したのは⬆️

 

 

 

 

 

まただ。

 

 

妻は2階にいるエレベーターをまず自分がいる5階に呼ぼうとするのだ。

 

 

 

 

 

ああ…

 

 

 

 

というわけで妻はエレベーターの⬆️⬇️を押す前にひたすら考える。

 

自宅マンションから出かけるときは簡単。

 

 

”家から出るときは⬇️を押す”

家に帰ってきたときはマンションの入り口エレベーターで⬆️を押す”

 

と覚えているので、

瞬く間にボタンを押せる。

 

 

 

瞬く間にエレベーターを呼べたときの顔は半端なく誇らしげである。

 

 

 

 

 

 

かわいい…